« 映画「タカダワタル的」と「永遠のモータウン」 | トップページ | The Original Disco Man »

2004.06.21

ラテンフレーバー

牧野雅己の「ラテンフレーバー (Latin Flavor)」というアルバムを買いました。

お目当ては大西ユカリ。このアルバムの1曲目で"Turn The Beat Around"という曲を歌っています。それを聞きたいために買いました。ちょっと聞いただけではこの声が大西ユカリだとは気がつかないくらいで、ユカリ節もひかえめですが、おしゃれな感じでまとまっています。
そもそもこの"Turn The Beat Around"という曲は、ディスコ時代の有名曲だそうですが、私はまったく知りませんでした。(^^;)
なおこの曲には新世界のメンバーは参加していません。

全9曲のうち歌入りが5曲、あとは演奏のみ。演奏といっても打ち込み(死語?)ですが、ほどよいグルーブを感じさせてくれます。
歌入りで気に入ったのがメレンゲ調の"Last Gamble Go Billy"でThe Tear Dropsが歌っています。 「3つ数えて・・・」というところがキャンディーズの「微笑みがえし」を彷彿とさせます。
9曲目の"I Wanna Be Like You"はディキシー風で、これも面白いと思います。
元チェッカーズの武内亨の5曲目"Flavor"は、つまらない曲に思えます。

このCDの裏ジャケットには、椰子の木と白いビキニ姿の女性の写真が載っています。この裏ジャケットはBooker T. & The M.G.'sの1968年のアルバム"Soul Limbo"からインスパイアされたような気がします。

まあ夏向きのアルバムですが、とっつきやすい代わりに夏が始まる前に聞くのが飽きてしまいそうな、そんな気もします。

|

« 映画「タカダワタル的」と「永遠のモータウン」 | トップページ | The Original Disco Man »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/815152

この記事へのトラックバック一覧です: ラテンフレーバー:

« 映画「タカダワタル的」と「永遠のモータウン」 | トップページ | The Original Disco Man »