« ラテンフレーバー | トップページ | 和歌山の一杯飲み屋 »

2004.06.22

The Original Disco Man

6月19日にもう1枚買ったCDの紹介。
James Brownの「The Original Disco Man」。オリジナルは1979年発売。初のCD化です。

アラバマ州マッスル・ショールズ録音だそうで、そういわれれば南部風のちょっと間のある感じがあるような。
JBがディスコに挑戦という感じです。ジャケットもニューヨークのディスコで撮影されたようです。
FunkとDiscoは紙一重というかほとんど同じで、私は白人主導がDiscoで黒人が主人公なのがFunkのように思いますが、どうでしょう。

私にはレコードでいうと両面の1曲目、すなわちCDの1曲目"It's Too Funky In Here"と4曲目"Star Generation"だけが聞けるかな、という印象でした。まあ、今後あんまり聞くことはないでしょう。

なおCDではボーナス・トラックとして、プレスリーの"Love Me Tender"のカバーが入っています。
メロディを大幅にアレンジしてあるのでちょっと聞いただけではその曲だとはわかりません。
出来は平凡です。

|

« ラテンフレーバー | トップページ | 和歌山の一杯飲み屋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/826756

この記事へのトラックバック一覧です: The Original Disco Man:

« ラテンフレーバー | トップページ | 和歌山の一杯飲み屋 »