« 資源としての温泉 | トップページ | 山口百恵、四度。 »

2004.10.08

山口百恵、三度。

  • 山口百恵
  • メビウス・ゲーム (初回生産限定盤)(紙ジャケット仕様)
  • SONY MUSIC DIRECT MHCL 10037-38
  • オリジナルリリース: 1978年5月1日

メビウス・ゲーム山口百恵のメビウス・ゲームというアルバムを買いました。

最初聞いたときは、1曲目のヒット曲「ロックンロール・ウィドウ」と2曲目の大瀧詠一・作曲の「哀愁のコニーアイランド」が気に入って、それ以外の曲は「いまいちだなあ」なんて思っていました。

ところが、何度か聞き返すうちに、アルバム全体のもつ心地よいPOPSさが気に入って全体が好きになってきました。アルバムの曲全体に無理がなく、素直に聞けるという印象です。

例えば、5曲目の「アポカリプス・ラブ」は、アラブ歌謡のようですが、メロディーも無理がなく、そのくせ中東風の雰囲気は十分に感じさせてくれますし、6曲目の「テクノ・パラダイス」や7曲目の「恋のホットライン」、9曲目「E=MC2」など、当時のテクノポップの香りが十分しますが、そこにも無理がありません。

決して、聞かせるという歌い方ではありませんが、十分に音楽の楽しさを教えてくれます。

山口百恵と彼女を作り上げたスタッフたちのすごさに感心しています。

引き続き、彼女のアルバムを買ってみようと思っているこの頃です。

|

« 資源としての温泉 | トップページ | 山口百恵、四度。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/1696872

この記事へのトラックバック一覧です: 山口百恵、三度。:

« 資源としての温泉 | トップページ | 山口百恵、四度。 »