« 「国語教科書の思想」 | トップページ | 金子マリと三宅伸治のライブ »

2005.11.15

大西ユカリと新世界 in 和歌山

  • 大西ユカリと新世界 コンサート
  • 2005年11月13日(日) 17:00〜
  • 和歌山市民会館 大ホール

大西ユカリと新世界のコンサートのチケット

大西ユカリと新世界のコンサートに行ってきました。残念なことに、空席がものすごく目立ちました。

「どすけべ」で始まる「女王蜂のフーガ」に始まり、アンコールの最後は「恋のスマートボール」、20曲以上の熱演でした。

新しいアルバム「昭和残唱」をひっさげてのツアーということで、そのアルバムの曲がメイン。確か「番格ロックのテーマ」以外の曲は全部やったような気がします。

ほかにも、西岡恭蔵/ディランIIの「プカプカ」、黛ジュンの「土曜日の夜何かが起きる」(この歌は日本のFunkのさきがけでしょう)、鹿内タカシの「本牧メルヘン」、クレイジーケンバンドの「タイガー&ドラゴン」、「テネシーワルツ」といったカバー曲。それに、ひとつ前のアルバム「ありがとう」からの「Disco ニューオオサカ」「オモカゲ」などのオリジナル曲という構成でした。

前に書いたように、アルバム「昭和残唱」は、星3つという評価しかしていない私ですが、このライブは気合いが入っていてよかったと思います。
ただ、アルバム「昭和残唱」のコンセプトに合わせて、カバー曲を多めに唄ったのでしょうが、あまりにも多いのも興ざめ。
やはり、オリジナル曲のほうが、何倍にも輝いて見えました。

昭和残唱
アルバム「昭和残唱」

|

« 「国語教科書の思想」 | トップページ | 金子マリと三宅伸治のライブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/7132333

この記事へのトラックバック一覧です: 大西ユカリと新世界 in 和歌山:

« 「国語教科書の思想」 | トップページ | 金子マリと三宅伸治のライブ »