« 親父の短歌 (2006-11-12) | トップページ | J1第34節 セレッソ大阪vs川崎フロンターレ »

2006.12.01

クリスマスソングとしてのグリーンスリーブス

A Christmas Heritage
  • New Grange (Heritage)
  • A Christmas Heritage
  • Compass 7-4412-2
  • オリジナルリリース: 1998年8月28日



クリスマスソングをいろいろ聞いている中に、イングランド民謡のグリーンスリーブス(Greensleeves)が出てきたのが意外だったので調べてみました。

そもそものきっかけは今年買ったブルーグラスのNew Grange (Heritage?)というグループの "A Christmas Heritage" の1曲目がこの曲だったからです。

ネットで調べると、ありました。

このサイトには歌詞および日本語訳も紹介されています。New Grangeのグリーンスリーブスはこのサイトに載っているのと同じ歌詞で、特に内容もクリスマスのことを歌っているわけではありません。

が、ここに書かれていますが、クリスマスキャロル『What Child Is This/ 御使いうたいて(みつかいうたいて)』はグリーンスリーブスのメロディーで歌われるそうなので、それでグリーンスリーブスもクリスマス・ソングの範疇に入るようなのです。

ここでもう1曲。それはチップマンクスの1963年のアルバム「Christmas With The Chipmunks Vol.2」に入っている「Christmas Time」という曲です。これもグリーンスリーブスのメロディーですが、歌詞は

Oh,Christmas time,oh time of joy

A wondrous day for each girl and boy .....

という歌い出しですから、「What Child Is This」とも違います。

いずれにせよ、私にとっては意外なクリスマス・ソングです。

Christmas Chipmunks
  • チップマンクス
  • Christmas Chipmunks
  • 東芝EMI TOCP-67281
  • 日本盤発売日: 2003年11月12日



|

« 親父の短歌 (2006-11-12) | トップページ | J1第34節 セレッソ大阪vs川崎フロンターレ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/12897757

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスソングとしてのグリーンスリーブス:

« 親父の短歌 (2006-11-12) | トップページ | J1第34節 セレッソ大阪vs川崎フロンターレ »