« アームウォーマー | トップページ | ゆっくりゆっくりジョギング »

2008.01.20

痛風とランニング

先日のこと、夜中、寝ていたら、右の親指の付け根が痛くなってきました。
忘れもしない、痛風発作の前ぶれのような気がしました。
私の持病が痛風であることは、前にもこのブログで書きました。

その時と同じような痛みです。

ただ、以前は自堕落で気ままな暮らしをしていましたが、今は、このブログで書いているようにランニングを行ったりして健康には気をつかっています。
だから、痛風になるなんてことはないと思っていました。
確かに、年末にビールやお酒をもらったりしたので、それらを年明け以降飲むことが多かったのは事実です。
でも、その分、しっかり走ったりしていますし・・・・。

足の親指が痛いといったって、歩くのに支障がでるほど痛いわけではありませんので、「ちょっとお酒を控えたら・・・」というサインだと思って4日間禁酒しました。(^^;)
2日間飲まなかったら痛みは無くなったのですが、一応、念のためということで禁酒期間は4日間にしました。

ただ、先日ランニングを10kmやって以来、左の股関節が痛かったり、右足のくるぶしが痛かったりと、やや足が疲れぎみでした。
そんなことも関係あるのかな、とも思ったり。

さて、ネットで「痛風」と「ランニング」をキーワードにして検索してみると、興味深い記事がありました。

1か月に100km以上ランニングを行っている方ですが、痛風になってしまわれたそうです。

スポーツして汗をかき、体内の水分が失われた分だけ補給されていなかった。
その為『尿が濃く』なり、『尿酸』が体外へ排出されなかった。

と書かれています。

ランニングをして汗をかいたあとは、十分すぎる程の水分補給が必要なようです。

もうお一人。

私の本業をご存知の方は、「まんぼう日記」なので、私と特別な関係があるのでは、と思われるかもしれませんが、全く関係ありません。
ネットで偶然見つけただけです。(^_^;)

この方も、100kmのウルトラマラソンのレースに出場するくらいに走り込んでいるのに、痛風とは・・・。
しかも、レースの前日に発症とは、お気の毒としか言いようがありません。

このお二人の例のように、ランニングをやっていて健康だから、といって痛風にならないわけではないようです。

私は、紀三井寺公園でランニングをすることが多いので、ランニング後は公園内の自動販売機でアミノバリュー(500ml)を150円で買って飲みます。
運動後の水分補給と、アミノバリューに含まれるBCAAというのが、身体によさそうなので。
冬場は水分の摂取量が少なくなるので、気をつけねば、と思っています。

|

« アームウォーマー | トップページ | ゆっくりゆっくりジョギング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/17765226

この記事へのトラックバック一覧です: 痛風とランニング:

« アームウォーマー | トップページ | ゆっくりゆっくりジョギング »