« 村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」 | トップページ | 無理矢理トレーニング »

2008.08.25

ライブ 三井ぱんと大村はん(8/23)

  • ライブ 三井ぱんと大村はん
  • 2008年8月23日(土) 20:30〜
  • ライブバー 我楽拓(和歌山市)

三井ぱんと大村はん

パソコンの小さい字ではわかりづらいと思うので、大きく表示しますが、三井ぱんと大村はんという二人組です。

三井です。お間違いなく。

この三井ぱんと大村はんですが、ライブバー 我楽拓に来るのは、去年(2007年)の4月に続いて2回目です。
去年のライブも私は行ったのですが、あまり印象に残っていません。
というのも、その日は日曜日でしたが(2007年4月22日)、別の店でワインを1本飲み干してからライブに向かいました。
そのため、ライブが始まり、回りも暗くなり、心地よい音楽を耳にしながらいつの間にか眠ってしまっていたのです。(^_^;)
それで、印象に残っていなかったのです。そのため、このブログにも何にも書きませんでした。
今回のライブで、「おっぱいがいっぱい・・・」という歌が出てきて、ようやく、去年のことを思い出した次第です。

さて、この夜のライブですが、写真がライブバー 我楽拓のブログに載っていますので、そちらも合わせてご覧ください。

加古川(兵庫)と守口(大阪)に住んでいるという2人ですので、やはりお笑いでウケをねらいます。
漫才のようなステージは楽しく、途中休憩をはさみながら、10時半ごろまでの大熱演でした。
ここに載せた写真は、その時に買った彼らの3枚目のCD-R「どぶ録 3」のジャケットです。
5曲入り1000円で、黒いいたずら書きのようなのは、彼らのサインです。

シカゴ・ブルースの代表的ギタリストのジミー・ロジャース (Jimmy Rogers) の「Walking By Myself」を「ヘビになってる」というオリジナルの歌詞を付けた曲にしたり、ブルースで最重要人物のロバート・ジョンソン (Robert Johnson) の「I Believe I'll Dust My Broom」と「Kindhearted Woman Blues」を日本語でやったりとブルース好きがモロに出た曲でスタートしました。

ブルース以外にも、センチなフォークっぽい曲があるかと思うと、エロい歌も登場したり、グレン・ミラーのようなジャズっぽい曲(「タキシード・ ジャンクション」だったかな?)があったりと、飽きることがありません。 「願い叶えたまえ」という曲も印象に残りました。アンコールのエロい歌も。

とにかく、楽しめた一夜でした。

|

« 村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」 | トップページ | 無理矢理トレーニング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/42274503

この記事へのトラックバック一覧です: ライブ 三井ぱんと大村はん(8/23):

« 村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」 | トップページ | 無理矢理トレーニング »