« 散策・紀伊風土記の丘(万葉植物園)〜プール (8/15) | トップページ | ライブ 三井ぱんと大村はん(8/23) »

2008.08.17

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」


「走ることについて語るときに僕の語ること」

 最近、一気に読んだのがこの本です。

 作家、村上春樹がフルマラソンやトライアスロンのレースに参加しているということを、この本の書評で初めて知りました。
しかも、中途半端ではありません。 フルマラソンには20数回、トライアスロンも数回のレースを経験しているのですから、本格派です。

 その村上春樹が、2005年〜2006年にかけて、「走ること」について書いた文章を集めたのがこの本です。

 私も、村上春樹の足元にもおよびませんが、ランニングを続けているので、この本を読みながら、「そうだそうだ」とか「なるほどなあ」とか、ランニングの練習やレースでの気持ち、心のゆれなど書かれていることに共鳴したり、うなずいたりしました。
 作家という職業を持つ村上春樹にとっては、ランニングは長編小説を書くための体力を維持するのに必要な訓練だということも書かれていますが、なるほどと思いました。
長編小説を書くためには、長期に渡ってテンションを上げておく必要があり、そのための体力・気力がランニングをすることで培うのです。

  7月の終わり頃だったと思いますが、NHKで「サロマ湖100キロウルトラマラソン」に参加し、完走したご夫婦(50〜60才台)のドキュメンタリーを見ましたが、この本でも村上春樹がこのレースに1996年に参加したときにことが書かれています。
 フルマラソンの42kmを過ぎ、75kmを走っているあたりで、「何かがすうっと抜けた」と書かれています。
この「抜ける」という感覚について、

「まるで石壁を通り抜けるみたいに、あっちの方に身体が通過してしまった」

と表現しています。
この部分に、私は得体のしれない迫力というものを感じました。

 また、この本は、走ることだけではなく、村上春樹が作家として出発する前のころのことも書かれていて、そちらも興味深く読めました。
20代のころからジャズ・クラブのような店を経営して、無我夢中で働いていたことなど、客商売の大変さについて書かれていたりします。

店にはたくさんの客がやってくる。
その十人に一人が「なかなか良い店だな。気に入った。またこよう」と思ってくれればそれでいい。
十人のうちの一人がリピーターになってくれれば経営は成り立っていく。
逆に言えば、十人のうち九人に気に入ってもらえなくても、べつにかまわないわけだ。
(略)。
しかしその「一人」には確実に、とことん気に入ってもらう必要がある。

これが、彼の経営の方針だったようですが、この方針については、以下のブログで語られています。
私もサービス業ですから、同感といったところです。

● ほっと花屋「フィールド」のあれこれ

● af_blog

ほかにも、村上春樹の作家としての勉強法が、私が学習をするヒントになったりもしました。

 いずれにせよ、この本はどこからでも読めるし、繰り返して読みたくなる本だと思いました。
私は、この本を図書館で借りて読んだのですが、手元にいつも置いておきたい気分になりました。(古本屋で探そうと思っています)

 ランニングについては、毎日ほぼ10kmを走り続けている作家にはかないませんが、私もできるだけ走り続けていきたいと思っています。
この本を読むと、ランニング(ジョギング)がしたくなりますよ。

|

« 散策・紀伊風土記の丘(万葉植物園)〜プール (8/15) | トップページ | ライブ 三井ぱんと大村はん(8/23) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/42190236

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」:

« 散策・紀伊風土記の丘(万葉植物園)〜プール (8/15) | トップページ | ライブ 三井ぱんと大村はん(8/23) »