« シティ inn 和歌山 | トップページ | 完走できず・・・泉州国際市民マラソン (2/20) »

2011.03.14

情けない結果・・・能登和倉万葉の里マラソン (3/13)

昨日(3/13)、私の実家のある石川県七尾市で開催された「能登和倉万葉の里マラソン」に出場しました。
フルマラソンですが、結果は5時間10分55秒。

去年もこの大会に出ましたが、そのときは横なぐりの雨が降り、しかも寒くて身体もくちびるも震え、鼻水が出てくるという過酷な気候でしたが4時間52分12秒という成績でした。
それに比べて、今年は雨は全く降らず、今の時期の北陸としてはちょっと暖かすぎるような天候で、ときおり吹く海からの風も身体を震え上がらせるようなものではありませんでした。
それなのに、去年より18分も遅いとは・・・・。情けなくなりました。

25kmぐらいまでは順調でした。これなら目標の4時間30分で走れる、と思っていたのですが、25km〜35kmの間が、ものすごくつらく、歩いてはちょっと走り、給水所で休み、また歩いたり、走ったりとなかなか走り続けることができませんでした。
39kmぐらいからは、最後の意地ということで上り坂も気にせず走り続けてゴールを目指しましたが、そのときには5時間を切ることもできないようなタイムでした。

能登和倉万葉の里マラソン
  参加賞のタオル

この大会は今年で3回目、うちフルを走るのは2回目。
高校の同級生たち5人で走りました。沿道で応援してくれている同級生にも会ったし、スタッフでも同級生が一人、後輩一人と顔を合わせることができました。
それが成績以上の収穫だと思っています。

このマラソン大会では、他のマラソン大会には無いような「能登島バーガー」というバーガーや「能登マ丼」という牡蛎の入った丼や「牡蛎軍艦巻き」などが給水所で振る舞われていたのですが、私は全然食べたいという気が起こらなかったので、どれも食べず、バナナやオレンジを口にしただけでした。(食欲がわいてこなかったということで、どこか体調がすっきりしていなかったのかもしれません。)

でも、レース後には参加賞で「牡蛎鍋」と「殻付き牡蛎」をもらい、ビールを飲みながら焼いた牡蛎を食べていると、気分が晴れ晴れとしてきました。
本当は同級生たちと風呂にも行きたかったのですが、どうしても当日中に大阪に戻らなくてはならなかったので、牡蛎を食べたあとみんなと別れて、タクシーでいったん実家に戻りました。途中、墓参りもすませ、なんとか予定していた電車に乗ることもできました。

東北地方の大地震で大会は開かれるのか、とも思っていましたが、「東北地方太平洋沖地震復興祈念マラソン」ということで開催されました。それで、我々ランナーたちは黄色いリボンを付けて走りました。
そもそもこの大会も「平成19年の能登半島地震の復興のため開催しているもの」ということだそうです。
牡蛎を食べた後、会場内の募金箱に寄付をしようと思っていたのですが、別の出口から出てしまったので、募金をする機会を逸していまいました。(^_^;)
大阪で募金します。

|

« シティ inn 和歌山 | トップページ | 完走できず・・・泉州国際市民マラソン (2/20) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/51121678

この記事へのトラックバック一覧です: 情けない結果・・・能登和倉万葉の里マラソン (3/13):

« シティ inn 和歌山 | トップページ | 完走できず・・・泉州国際市民マラソン (2/20) »