« ランニング中に思ったこと | トップページ | 今週の私の昼弁 »

2011.05.30

(5/29)「マラソントライアル in 長居公園2011」を棄権

Cap

昨日(5/29)は、「マラソントライアル in 長居公園2011」というフルマラソンにエントリーしていたのですが、・・・(結局)・・・・・・・・・棄権・・・・・・・・しました。(^_^;)
「台風2号+大雨」で、とても4〜5時間も雨の中を走る気力がわいてこなかったからです。

写真は、参加賞のキャップ。土曜日の夜は、一応レースに備えてばっちり準備をしましたが、夜中の雨音を聞いて走る意欲が萎えてしまいました。それでも、会場には行きました。そこでもらったのがこの参加賞のランニング・キャップ。
大雨注意報や洪水注意報が出ている中です。走り始めてから雨が降るのはしょうがないけれど、あんな大粒の雨の中でスタートする気分にはなれませんでした。
ましてや知人といっしょとかいうわけでもなく、私一人でしたから棄権しても誰にも迷惑はかからないと思い、あっさり「棄権」することにしてこの参加賞だけをもらって会場を後にしたのでした。

会場を後にした後?
和歌山の「うらら」で一杯やりました。
日曜日の昼前から、「居酒屋うらら」状態にしてしまいました。
いさきの塩焼きが美味しかったです。(^_^;)

帰宅後、風呂に入り、いつのまにか昼寝。
夕方、ボブ・マーリーが聞きたくなり、Tower Recordsで買ってきたのが、オリジナルが1973年発売の「バーニン」。
ここ1週間ほど昔のレゲエ(いわゆる「ルーツ・ロック・レゲエ」といわれているもの)が私のヘビー・ローテーションなのですが、そんな中でボブ・マーリーを聞き直そうという気分になったのです。

Burnin'

私は以前からボブ・マーリーの曲では「Concrete Jungle」(1973年)が最高作だと思っていて、その思いは今でも変わりません。
重い曲なのに歌声がそんなに重くないところが好きなのですが、ボブ・マーリーは後期になればなるほど重い曲を重く歌うようになったので、聞くほうのこちらとしても重くなってしまい、結局、そんなにいつもいつも聞けないような感じになってしまったように思うのです。

1979年4月にボブ・マーリーが日本に来た時に、私も大阪フェスティバルホールでのライブに行きました。
それまでロックのリズムは「横揺れ」だと思っていたのが、レゲエのライブで初めて「縦揺れ」のリズムの心地よさを体感し、身体が震えたものです。
レゲエがどんなものか自然に覚えた今の若い世代と違い、レゲエというものを活字で知り、それから実際のライブで覚えていったのが現在50歳台の我々なのです。そこには新しい音やリズムを「面白い」と思った好奇心がいっぱいあったような気がします。

しばらく、レゲエを聞いていなかった私ですが、久々に聞き直して、そんな昔のことを思い出しました。

|

« ランニング中に思ったこと | トップページ | 今週の私の昼弁 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/51812032

この記事へのトラックバック一覧です: (5/29)「マラソントライアル in 長居公園2011」を棄権:

« ランニング中に思ったこと | トップページ | 今週の私の昼弁 »