« (2014-12-28) 12月のマラソン大会の成績 | トップページ | (2015-01-04) 私の2014年のベストCD »

2014.12.31

(2014-12-31) 最近買ったCD

今年のCD買い納めということで、Tower Recordsのオンラインおよび店舗で以下の5枚を買いました。

(1)ハートビーツ (The Heartbeats)

ア・サウザンド・マイルズ・アウェイ "A Thousand Miles Away"(オリジナル発表:1960年)

A Thousand Miles Away

今年の9月にWarner Music Japanから発売になった"Masters Of Pop Best Collction 1000"(第3弾)シリーズの中の1枚で、買いそびれていたものです。これを年内に買っておかないと年が越せそうにないような気がしたので年末ぎりぎりに入手でき、ホッとしています。

ハートビーツはニューヨークを代表するドゥー・ワップグループで、アルバムタイトルにもなっている1曲目の"A Thousand Miles Away"が昔から好きでした。甘いスローバラード満載のアルバムです。

(2)オーティス・クレイ (Otis Clay)

ライヴ!/オーティス・クレイ (紙ジャケット仕様) "LIVE! OTIS CLAY" (オリジナル発表:1978年)

LIVE! OTIS CLAY

年末にこのアルバムが出ることを知って、驚きました。やっと、CD化されたんですから。

このアルバムはLPレコードで持っているのですが、このアルバムでソウルの素晴らしさを教えてもらったような気がします。
素直に名盤のCD化を喜びたいと思います。

(3)アース・ウィンド&ファイアー  (Earth, Wind & Fire)

HOLIDAY (オリジナル発表:2014年)

HOLIDAY

アース・ウィンド&ファイアーの今年出たクリスマスアルバム。

毎年最低1枚はクリスマスアルバムを買っているのですが、今年はこの1枚だけ。
彼らの大ヒット曲"September"の改作"December"や日本の「雪やこんこ」が"Snow"という曲名で歌われていることで話題になりました。私は1曲目の"Joy To The World"が力が入っていて好きです。

(4)ファレル・ウィリアムス  (Pharrell Williams)

G I R L (オリジナル発表:2014年)

G I R L

バスローブ姿の女性3人と男性1人の写真に"GIRL"とだけ書かれているジャケット。前からCDを店頭で見かけるたびに気にはなっていたのですが、積極的に調べたり、聞いてみようという気にはなりませんでした。
ところが、"Music Magazine"1月号で2014年のベスト・アルバムのR&B/ソウル/ブルース部門で1位に選ばれていました。またTower Recordsでもやはり1位ということで、これは買うべきだな、と思ったのです。

このアルバムからのシングルヒット曲という"Happy"は聞き覚えがありました。FMラジオで何度か聞いていたのです。それで、違和感なくこのアルバムを聞くことができました。
ジャケット写真のうち男性がこのアルバムの主人公ファレル・ウィリアムスで、3人の女性はジャケ写用のモデルでは ない普通の女性たちだそうです。

解説によると「女性賛歌」な曲が並んでいるアルバムだとのことで、確かに今時の音ですが、私でも楽しめます。

(5)デニス・ラサール (Denise LaSalle)

ア・レディ・イン・ザ・ストリート "A Lady In The Street" (オリジナル発表:1983年)

A Lady In The Street

このアルバムもLPレコードで持っています。たぶん、私がデニス・ラサールの名を初めて知ったのがこのマラコ(Malaco Records)でのデビューアルバムだったと思います。このたび、めでたく日本発CD化ということで購入。

彼女のアルバムは何枚か買いましたが、たぶんこのアルバムがベストでしょう。
サザン・ソウルありブルースありで、力の入ったアルバムです。

|

« (2014-12-28) 12月のマラソン大会の成績 | トップページ | (2015-01-04) 私の2014年のベストCD »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/60900222

この記事へのトラックバック一覧です: (2014-12-31) 最近買ったCD:

« (2014-12-28) 12月のマラソン大会の成績 | トップページ | (2015-01-04) 私の2014年のベストCD »