« (2016-01-13)「沢田研二 2016 正月LIVE Barbe argentee」 | トップページ | (2016-05-31〉5月に行ったライブ »

2016.03.17

(2016-03-17) 沢田研二の新譜「un democratic love」

今年も3月11日にあたり、沢田研二(ジュリー)の4曲入りミニアルバムが発売になりました。

震災のあった翌年から、毎年この時期にミニアルバムが発表されていますから5枚目となります。
CDのタイトルは、「un democratic love」。税込み1900円。

沢田研二「un democratic love」

■1曲目 「un democratic love」

CDのタイトルともなった曲が1曲目。

歌は
「もしかしたら君は 本当の愛 知らない
怒らないで君は 勝手だから」
というフレーズで始まり、自分勝手な「君」に対して「愛」とはそんなものじゃないと歌われます。

「君の愛は束縛 君の愛は強権」という歌詞に続いて「君の愛は・・・」の後には、「軽率」、「簡単」、「冷酷」、「不遜」、「脆弱」、「違憲」、「狡猾」、「蹂躙」、「ダダっ子」、「危険」という言葉が続きます。
歌詞の中には「放射能みたいに 気味悪いよ」というフレーズも。

それで、この曲の「love」は男と女の愛情というのとは別のものだということがわかります。

私はこの「非民主的な愛」という歌で歌われている「君」とは、安倍首相のことだと思っています。歌詞の中に「違憲」という言葉も出てきていますし。
安倍首相のやっていることには、歌詞の中にあるように「心の深さに届かないんだ」「命の重さに気づかないんだ」「心の重さに届かないんだ」ということがそのまま当てはまると思います。

一見ラブソングのようで、実は政治を強烈に批判するというのはビートルズを始めとしてロックの世界ではよくあることで、ジュリーもそのフォーマットにならったものと思われます。

曲調としては、美しいバラードです。

■2曲目 「福幸よ」

「幸福」の反対が「福幸」。「ふくこう」→「ふっこう」→「復興」。

「福幸は遠すぎて 幸福を遠ざける」けれど
最後は
「福幸よ歩め 福幸よ歩け」
 幸福よ歩め 幸福よ歩け」
と力強く歌われます。

ジュリーらしいアップテンポなロック・ナンバー。

■3曲目 「犀か象」

「犀か象」→「さいかぞう」→「さいかどう」→「再稼働」。

動物の歌ではありません。原発再稼働を批判する内容のハード・ロックナンバー。

「大臣最後金目 政治馬鹿」と歌われると気持ちいいです。
「神をも畏れない犀か象」と最後歌われますが、ほんと原発再稼働は「神をも畏れぬ」無責任なことだと思います。

■4曲目 「Welcome to Hiroshima」

曲名の後に「平成26年(2014年)8月6日『平和への誓い』より」と書かれています。

広島市の平成26年(2014年)8月6日『平和への誓い』 に沢田研二が補作詞したものです。
スローナンバーです。


以上、4曲ですが、作詞はすべて沢田研二。(4曲目は補作詞ですが) 作曲は、いつものツアーバンドのメンバーたち4人が1曲ずつ担当。

覚えやすいメロディーの曲ばかりではありませんが、歌詞カードを見ながら何度か聞きなおしていると、ジュリーの言いたいこと、歌いたいことが少しずつわかってくるような気がします。

基本は、「愛と平和」ですね。

|

« (2016-01-13)「沢田研二 2016 正月LIVE Barbe argentee」 | トップページ | (2016-05-31〉5月に行ったライブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38814/63359716

この記事へのトラックバック一覧です: (2016-03-17) 沢田研二の新譜「un democratic love」:

« (2016-01-13)「沢田研二 2016 正月LIVE Barbe argentee」 | トップページ | (2016-05-31〉5月に行ったライブ »