サッカー --- セレッソ大阪

2007.09.30

9月の出来事

気がつけば9月も今日で終わり。
そういえば、このブログも8月23日以降書いていないので、とりあえず、その日以降行ったりしたところを忘備録として記しておきます。

  • かまくらけん(鎌倉研)のライブ
  • 2007年8月26日(日) 19:30〜
  • 和歌山市・我楽拓

かまくらけん

チケットでは「7月」と印刷されていますが、「8月」が正解。
鎌倉研を見るのは2度目ですが、やはりあんまり面白くない人だと思いました。




  • 良元優作のライブ
  • 2007年9月9日(日) 19:30〜
  • 和歌山市・我楽拓

良元優作

良元優作は初めて見ましたが、好感度良し。気に入りました。
鎌倉研も良元優作も大阪の人ですが、良元優作のほうが声とは別に素直な感じがしました。
また見てみたいと思っています。




  • サッカー J2 第40節
  • ○ セレッソ大阪 4 - 2 愛媛FC ●
  • 2007年9月16日(日) 18:04〜
  • 大阪・長居スタジアム

セレッソ大阪

今年初のJリーグ観戦。
世界陸上が終わったあとの長居スタジアムでしたが、まだまだ蒸し暑い夜でした。
この日、セレッソ大阪の小松塁選手が2ゴール。愛媛のオウンゴールにも小松選手がからんでいて、小松dayの様相。
私は、小松選手の名前を知ったのはこの夜が初めてですが、かつてJ2時代の大久保選手を初めて見たときのような「華」があるような気がしました。





高校の同窓会が9月23日(日)にあったので石川県に帰省。
早く着いたので同窓会が始まる前に行ったのが、上記の「海とオルゴール」という喫茶店。ここで昼食にカレーを食べ、紅茶を飲みながら海を眺めていました。
ここからはイルカは見えなかったので、そのお店を出てからイルカの見える地点に移動。
海を眺めていると、ときどきピョンピョンとイルカが水面を飛ぶのがわかります。野生のイルカで、家族5頭で棲んでいるそうです。

同窓会というのはいいものですね。
去年も同窓会があったのですが、そのときは3年ぶりということで最初はみんな、どこかしらぎこちなさを感じたのですが、2年連続の同窓会ということで今年は、会ったとたんに打ち解けて中味の濃い会合だったと思いました。
10代の3年間にこんなにも素晴らしい人たちといっしょに過ごせたんだ、と今思うと本当に幸せだったなあと思いました。





10月28日に行われる和歌浦ベイマラソンwithジャズに参加するために春からずっと練習をしていますが、上記の同窓会から帰ってきてから忙しかったので(飲むのに?)、全然練習をしていませんでした。
それで、29日の夜、走るつもりでしたが雨が降っていたので、代わりにジムに行ってみることにしました。
初めてのジム体験です。しかも、一人です。

仕事が終わり、夜7時半ごろに行ったのですが、男性が一人、アフリカ系と思われる男性が一人とその子どもが一人、エアロバイクをやっている若い女性とその彼氏の計5名。
器具の使い方もよくわからなかったので、男の子がやっていたランニングマシーンを見様見まねで30分ほどやっていたら、いつの間にか人がいなくなり私一人になってしまいました。
それで、上半身を鍛える器械(名前を知らないのでうまく言えずすみません)とエアロバイクをやって、8時半ごろに終えました。

ここは2時間まで利用できるのですが、最終は9時まで。まだ30分ぐらい時間の余裕はあったのですが、一人でよくわからない器具を相手にトレーニングする気にもならなかったので出てきました。

雨が降り続いたりして、身体を動かす機会が少なくなったら、また行くかも知れません。 でもムキムキになろうとは思っていません。(^_^;)





雨でしたが、朝の9時ごろから近くの紀三井寺公園でランニング
今日のメニューは、ウォーキング10分 + ジョギング60分 + ウォーキング10分。
だいたい1週間に4日ぐらい紀三井寺公園でジョギングをしています。平日は夜に走っていますが、日曜日は朝から走ります。

雨の中、紀三井寺陸上競技場では中学生の大会が、野球場は大人の大会が、テニスコートでは中学生の大会が、球技場では小学生のラグビー教室が行われていましたし、元・西武の石井選手が来て子どもと親の野球のイベントもやっていました。

そんな状態ですからいろんな人や風景を楽しみながら気持ち良く走ることができました。
ジョギング60分といっても、歩いている人をなかなか追い越せないくらいのスピードですから、8kmぐらいかな?
でも60分走り続けられたことに満足しています。

明日からまた忙しくなるので、いつ走れるかわかりませんが、時間が取れたら走りたいと思っています。




| | トラックバック (0)

2006.12.02

J1第34節 セレッソ大阪vs川崎フロンターレ

  • 2006 サッカー J1 第34節
  • 2006年12月2日(土) 14:00キックオフ
  • ● セレッソ大阪 1-3 川崎フロンターレ ○
  • 大阪・長居第2陸上競技場


今年はセレッソ大阪の試合を5試合見ましたが、その結果は3敗2分け。一度もこの目でセレッソの勝利を見ることがなく、私の2006年のサッカー観戦も終わりました。(天皇杯ももう敗退していますしね。)

本日の結果で、セレッソ大阪は来期のJ2降格が決定、なんとも寂しい結末でした。


試合の始まる前から降り出した雨は試合中、ずっと降っていて、寒い中での観戦となりました。

西澤選手が前半で怪我のため交代したのが残念でした。名波選手も90分間持ち味を発揮してくれましたがゴールが決まらず、またもつまらない失点を重ねてしまいました。
ボール支配率は、セレッソのほうが圧倒していたと思うのですが、点が取れなくては、点を取られてしまってはどうしようもありません。


試合後の塚田監督の挨拶にはサポーターからブーイング
その気持ちに私も同意します。

試合後にまた雨が上がったのがなんとも皮肉な天候。
来年J2のセレッソ大阪を見に行くかどうかは未定。春までに考えます。




◎past entries(過去記事)

2006年・私のセレッソ大阪の観戦記

| | トラックバック (0)

2006.10.08

J1第26節 セレッソ大阪vs清水エスパルス

  • 2006 サッカー J1 第26節
  • 2006年10月7日(土) 15:00キックオフ
  • △ セレッソ大阪 1-1 清水エスパルス △
  • 大阪・長居第2陸上競技場

試合は、セレッソのキックオフで始まったのに、すぐに清水エスパルスにボールを取られてしまい、いきなりピンチ。
このシーンが象徴するように、セレッソが押し込まれる展開が多く、前途多難を思わせる試合運びでした。

なんとか、セレッソが踏ん張り、後半終了直前に古橋選手のゴールがきまって、引き分けることができました。 なかなか勝ちきれないセレッソ大阪、昨日の天気のようにすっきりしませんでした。

後半、名波選手を交代させ、大久保選手を投入した場面でブーイングがすごかったのが印象的です。
名波選手を引っ込めたら、パス出しのできる選手がいなくなるのに。
私もこの采配には反対でした。


背番号8は森島選手

古橋選手のコーナーキック

いつもの長居スタジアムが、来年夏の世界陸上のため修復工事中とのことで、この日からセレッソの試合は、長居第2陸上競技場で行われることになりました。ここへ私が来るのは、J2だった2002年の秋以来でした。
試合の観客数は、7013人で昨日行われたJ1の試合では最少でしたが、競技場そのものが狭いので、お客さんが少ないという感じはありませんでした。

試合開始前に、スタジアムDJの合図で空メールを送り、返信すると「ドリンク券」が抽選で30名に当たるというイベントがありましたが、私が当たってしまいました。(^_^;)
それでビールに交換し、ありがたくいただきました。

結局、この日セレッソ大阪はまたしても最下位に転落。J2降格が現実のものになってきたようで寂しい気持ちで帰ってきました。


SB席はいっぱい

結局、引き分けで終了

| | トラックバック (0)

2006.08.13

J1第17節 セレッソ大阪vs大宮アルディージャ

  • 2006 サッカー J1 第17節
  • 2006年8月12日(土) 19:00キックオフ
  • ● セレッソ大阪 0-1 大宮アルディージャ ○
  • 大阪・長居スタジアム


蒸し暑い長居の夜でした。
またしても、セレッソは勝てず、ダントツの最下位

シュートの本数の少ないのが気になります。
小太りの大久保にシュートを期待するほうが無理というものか?

もうしばらく、セレッソの試合を見に行きたいとは思いません。なさけない試合内容なので。

| | トラックバック (0)

2006.07.20

セレッソ大阪 vs 大分トリニータ

  • 2006 サッカー J1 第13節
  • 2006年7月19日(水) 19:00キックオフ
  • ● セレッソ大阪 0 - 2 大分トリニータ ○
  • 大阪・長居スタジアム

 観客は6800人という少なさでした。

この日の午前中には、大阪地方は大雨洪水警報が出ていました。ところが、夕方には雨は上がり、ピッチの選手も観戦している我々にも暑くもなく寒くもない申し分のない気候となりました。

ワールドカップでの中断が終わり、Jリーグの再開の初戦です。
しかも、セレッソ大阪には大久保選手が帰ってきました。


 大久保選手に期待

大久保選手は、後半8分からの出場で、シュートを2本ぐらい放つものの動きにまだキレがないようで、結局ゴールは無し。

試合もセレッソが負け、依然として最下位のまま。
うつむきかげんで帰りの電車に乗り込みました。

| | トラックバック (0)

2006.04.30

勝ちきれないセレッソ大阪

  • 2006 サッカー J1 第10節
  • 2005年4月29日(土・祝) 15:02キックオフ
  • △ セレッソ大阪 2-2 京都パープルサンガ △
  • 大阪・長居スタジアム

私にとっては、今年初のサッカー観戦。
試合開始前には、少し雨がパラつきましたが、サッカー観戦にはまず文句のない天候で、気持ちよくセレッソには勝ってもらい、はずみをつけたいところでしたが、結局試合は 2 - 2 のドロー。

勝ちきれないセレッソに、もやもやするものを感じながらスタジアムを後にしました。

この日は、試合前に、全日本少年サッカー大会・大阪府大会の開会式が行われていた。 そのため、SB席は、子どもたちや親御さんたちで満員。
ここまで、16位の京都と17位のセレッソの戦いが始まる。
前半、ゴール前の森島選手
ハーフタイムには、ビンゴ大会があった。私は残念ながらビンゴがそろいませんでした。
後半開始前に、円陣を組むセレッソ・イレブン。
後半開始直後に、FW柿本選手のゴールが決まり、セレッソが先制。
試合後、サポーター席にあいさつ。

| | トラックバック (0)

2005.12.25

セレッソ大阪、準決勝に進出

  • 2005 サッカー 天皇杯・準々決勝
  • 2005年12月24日(土) 13:03キックオフ
  • ○ セレッソ大阪 3-1 ガンバ大阪 ●
  • 大阪・長居スタジアム

今年最後のサッカー観戦ということで、天皇杯の準々決勝の試合を見に行ってきました。

森島・古橋・ファビーニョのシュートで3点を取ったセレッソの圧勝。負けないセレッソの姿を目に焼き付けてきました。

ガンバは、アラウージョと大黒がいないので、怖いという感じがしませんでした。それでもフェルナンジーニョのあちらこちらに顔を出す動きには、驚きました。

個人的には、学生時代の先輩ご夫妻にスタンドでバッタリ会ってびっくりしました。
試合前は、日が差していたかと思うと、雪が降ったりして、寒い荒れた天気でしたので、熱燗を売店で買って身体を温めての観戦でした。

試合開始直前。空には黒い雲が現れ、雪が降り出しそう。
アキ(西澤選手)のセレッソへの残留を求める横断幕も。
キックオフ直前。円陣を組む。
今日の左サイドは酒本選手。
後半開始早々、古橋選手のゴールが決まる。
後半、ちょっと疲れ気味の西澤選手。
結局、3-1でセレッソの勝利。
試合後、バックスタンドにあいさつ。
試合終了直後のセレッソ応援団。

| | トラックバック (0)

2005.12.04

セレッソ大阪、優勝を逃す

  • 2005 サッカー J1 第34節
  • 2005年12月3日(土) 14:04キックオフ
  • △ セレッソ大阪 2-2 FC東京 △
  • 大阪・長居スタジアム

結局、引き分けということで残念ながらセレッソ大阪は優勝を逃してしまいました。
それでも16試合連続で負けずにシーズンを終わったことは、十分胸の張れる成績だと思います。

シーズンが始まる前は、全18チームの中で上位9位までに入ってくれればいい、と思っていました。
開幕からいきなり3連敗という状況にはハラハラしましたが、最終節に勝てば優勝というところまで勝ち進んでくれて、セレッソ大阪には感謝しています。
楽しませてくれましたし、夢を見させてもらったような気がします。

スタジアムで配られた紙製のサンバイザーとマッチデープログラムの見開きページ。
出場停止のブルーノ・クアドロス選手がインタビューを受ける。
ゴール裏のセレッソ応援団。
ウォーミングアップ中。
盛り上がるゴール裏。
スターティングメンバーの発表
いよいよ試合開始。
ゼ・カルロス選手のコーナーキックをせり合う。
前半3分、西澤選手がゴールを決める。
ゴールを決めた西澤選手に乗りかかり喜ぶセレッソの選手たち。
指示を与える小林監督。
ゼ・カルロス選手のPKの前にイエローカードを受けるFC東京の土肥選手。
後半3分、西澤選手がまたもゴールをきめる。
セレッソの守護神、吉田選手。私が選ぶセレッソの今年のMVPは、吉田選手。
後半、2-1でセレッソがリード。このまま試合が終わればセレッソの優勝、というところだったが・・・。
入場者43,927人は、長居スタジアムの最多だそうです。
後半途中、森島選手から徳重選手に交代。
ゼ・カルロス選手が故障でピッチにうずくまる。
結局、2-2で試合は終了。
試合終了のあいさつ。
他会場の結果が表示される。この結果、セレッソは5位でシーズンを終わることになった。
小林監督のシーズン終了のあいさつ。
選手を代表して森島選手があいさつ。
来年も応援するぞ。

| | トラックバック (1)

2005.11.30

セレッソ大阪の最終戦のチケットを購入

前にも書いたように、今度の土曜日は、セレッソ大阪 vs FC東京 の試合を見に行くつもりでした。
チケットはいつものように、鶴ヶ丘駅前かスタジアムのセレッソクラブのチケット売り場で買えばいい、と思っていました。

ところが、今日セレッソのOFFCIAL SITEを見ていたら、チケットが完売間近で、当日券もなさそうな雰囲気。
そこで、あわてて近所のファミリー・マートで買ってきたのが、下のチケット。

SSアウェイ指定席しか残りがありませんでした。
大分戦が思ったより観客が少なかったので、高をくくっていたことを反省。

たびいぬさんの青い空と望遠鏡でというブログでも、たびいぬさんが今日コンビニでSSアウェイ指定席のチケットを買われたことが書かれています。私と、同じ行動で親しみがわきました。(^_^;)

早く土曜日にならないかなあ、と子どものようにワクワクしています。
サッカーを指定席でなんて見たことがないので、そのこともワクワク。

たのむぜセレッソ、自力優勝!

| | トラックバック (1)

2005.11.23

セレッソ大阪、勝ち点で首位に並ぶ

  • 2005 サッカー J1 第32節
  • 2005年11月23日(水・祝) 15:00キックオフ
  • △ セレッソ大阪 1-1 大分トリニータ △
  • 大阪・長居スタジアム


左隅で突破をはかる西澤選手

勝てた試合だったのになあ、というのが試合終了直後の私の感想。

この試合も、ハラハラしどおしでした。大分のシュートがゴールポスト・クロスバーをたたくことが3度。それでも先制点を取ったのがセレッソだから見ていてあせることはありませんでした。悪くても引き分け、という気分で観戦することができました。

しっかり守りさえすれば、そのうちチャンスも回ってくると思っていました。
確かに後半チャンスが何度かありました。西澤のヘディングシュートとが大分のキーパー西川選手に止められたけれどそのこぼれ球を再度西澤選手が右足(だったと思いますが)で強烈にシュートしたところなんかは迫力がありました。そのシュートも西川選手に止められたのが残念。後半終了間際に黒部選手がちゃんと枠内にシュートを放っていたらどうなったかもわかりません。

いずれにせよガンバ大阪も負けたので、セレッソとガンバは勝ち点57となり、堂々と2位をキープ中。

それにしても観客数が17,000人弱とはさびしいことです。今日、ガンバが負け、セレッソが勝っていたら堂々首位という状況だったのに。

ホーム最終戦の12/3のFC東京戦も見に行こうと思っています。そこで優勝なんてことになったら素敵じゃないですか。


ファビーニョ選手のコーナーキック

試合は1-1でドロー

| | トラックバック (0)