音楽 --- CD/DVD

2016.03.17

(2016-03-17) 沢田研二の新譜「un democratic love」

今年も3月11日にあたり、沢田研二(ジュリー)の4曲入りミニアルバムが発売になりました。

震災のあった翌年から、毎年この時期にミニアルバムが発表されていますから5枚目となります。
CDのタイトルは、「un democratic love」。税込み1900円。

沢田研二「un democratic love」

■1曲目 「un democratic love」

CDのタイトルともなった曲が1曲目。

歌は
「もしかしたら君は 本当の愛 知らない
怒らないで君は 勝手だから」
というフレーズで始まり、自分勝手な「君」に対して「愛」とはそんなものじゃないと歌われます。

「君の愛は束縛 君の愛は強権」という歌詞に続いて「君の愛は・・・」の後には、「軽率」、「簡単」、「冷酷」、「不遜」、「脆弱」、「違憲」、「狡猾」、「蹂躙」、「ダダっ子」、「危険」という言葉が続きます。
歌詞の中には「放射能みたいに 気味悪いよ」というフレーズも。

それで、この曲の「love」は男と女の愛情というのとは別のものだということがわかります。

私はこの「非民主的な愛」という歌で歌われている「君」とは、安倍首相のことだと思っています。歌詞の中に「違憲」という言葉も出てきていますし。
安倍首相のやっていることには、歌詞の中にあるように「心の深さに届かないんだ」「命の重さに気づかないんだ」「心の重さに届かないんだ」ということがそのまま当てはまると思います。

一見ラブソングのようで、実は政治を強烈に批判するというのはビートルズを始めとしてロックの世界ではよくあることで、ジュリーもそのフォーマットにならったものと思われます。

曲調としては、美しいバラードです。

■2曲目 「福幸よ」

「幸福」の反対が「福幸」。「ふくこう」→「ふっこう」→「復興」。

「福幸は遠すぎて 幸福を遠ざける」けれど
最後は
「福幸よ歩め 福幸よ歩け」
 幸福よ歩め 幸福よ歩け」
と力強く歌われます。

ジュリーらしいアップテンポなロック・ナンバー。

■3曲目 「犀か象」

「犀か象」→「さいかぞう」→「さいかどう」→「再稼働」。

動物の歌ではありません。原発再稼働を批判する内容のハード・ロックナンバー。

「大臣最後金目 政治馬鹿」と歌われると気持ちいいです。
「神をも畏れない犀か象」と最後歌われますが、ほんと原発再稼働は「神をも畏れぬ」無責任なことだと思います。

■4曲目 「Welcome to Hiroshima」

曲名の後に「平成26年(2014年)8月6日『平和への誓い』より」と書かれています。

広島市の平成26年(2014年)8月6日『平和への誓い』 に沢田研二が補作詞したものです。
スローナンバーです。


以上、4曲ですが、作詞はすべて沢田研二。(4曲目は補作詞ですが) 作曲は、いつものツアーバンドのメンバーたち4人が1曲ずつ担当。

覚えやすいメロディーの曲ばかりではありませんが、歌詞カードを見ながら何度か聞きなおしていると、ジュリーの言いたいこと、歌いたいことが少しずつわかってくるような気がします。

基本は、「愛と平和」ですね。

| | トラックバック (0)

2015.01.04

(2015-01-04) 私の2014年のベストCD

2014年に私が買ったCDで印象に残ったものです。

■2014年に発売になったアルバム --- ベスト5

(1)ジェフ・ベック (Jeff Beck)

YOSOGAI (オリジナル発表:2014年)

YOSOGAI

2014年で私が最も気に入った曲がこのアルバムの3曲目に入っている“Danny Boy”です。
2011年のテキサス州オースティンでのライブ録音ですが、これがいいんです。
イメルダ・メイ(Imelda May)がボーカルで、それにジェフ・ベックのギターがからみます。7分51秒という長さを全く感じさせません。
ジェフ・ベックの泣きのギターがイメルダ・メイのジャジーな歌声を一層引き立てているように感じます。

ちなみに、これは3曲入りのミニアルバムで、1曲目・2曲目はジェフ・ベックの爆音ギターが聞けますが、それらは私にはどうでもいいのです。"Danny Boy"1曲で私の2014年のベストアルバム決定です。

(2)グウェン・マックレイ (Gwen McCrae)

グウェン・マックレイ・ファースト "Gwen McCrae" (オリジナル発表:1974年)

Gwen McCrae

マイアミ・ソウルを代表する女性シンガー。アトランティックの1,000円シリーズの中の1枚。
なんといっても1曲目の"Move Me Baby"がカッコいいと思いました。
ガイドブックなどでは他のアルバムが彼女の代表作として紹介されていますが、私はこのデビューアルバムが一番気に入っています。

(3)竹内まりや

TRAD(初回限定盤) (DVD付) (オリジナル発表:2014年)

TRAD

日本のアーティストでは竹内まりやが一番。
もっとも日本のアーティストのアルバムは2014年はほとんど買いませんでした。
アルバム中の"静かなレジェンド"をカラオケで歌いましたが、最後のコーラス部分をみんなで一緒に歌って盛り上がったことを覚えています。

(4)ボビー・ウーマック  (Bobby Womack)

アンダースタンディング "Understanding" (オリジナル発表:1972年)

Understanding

2014年6月にボビー・ウーマックは亡くなりましたが、このアルバムは1月に廉価盤として発売されたうちの1枚です。
私も1月に安く出たのを気にちゃんとボビー・ウーマックを聞こうと思って何枚か買いました。
油の乗っている男の仕事を見せ付けられているような気分です。渋い。

(5)ポール・ケリー (Paul Kelly)

フックト、ホグタイド・アンド・カラード "Hooked, Hogtied & Collared" (オリジナル発表:1974年)

Hooked, Hogtied & Collared

これもアトランティックの1,000円シリーズのうちの1枚。
ジャケットのイラストは最低。でも音は大好きです。
甘いバラードの裏に力強さが隠れているような感じがします。「サザン・ソウルの傑作」という言葉に同感。


■2014年以前に発売になったアルバムで2014年に買ったもの --- ベスト2

(6)キャンディ・ステイトン (Candi Staton)

エヴィデンス~ザ・コンプリート・フェイム・マスターズ "Evidence : The Complete Fame Records Masters" (オリジナル発表:2011年)

Evidence : The Complete Fame Records Masters

2014年の夏に見た映画"黄金のメロディ---マッスル・ショールズ"の影響でサザン・ソウルを聞き直したり、勉強し直したりしました。
キャンディ・ステイトンのFame録音集は前にEMI盤を持っていましたが、さらに曲数が増えコンプリートとなり、しかも音も良くなったようで、歌詞・日本語解説付きのこのアルバムを買いました。
中味は文句無し。あらためてキャンデイ・ステイトンの良さを認識させてくれたアルバムでした。

キャンディ・ステイトンのワーナー期のアルバムも2014年にはアトランティックの1000円シリーズで出たのもうれしかった出来事です。

(7)天地真理

GOLDEN☆BEST 天地真理 (オリジナル発表:2013年)

GOLDEN☆BEST 天地真理

ラジオで「水色の恋」を聞いたのが購入のきっかけ。
データがしっかりしていて、しかも今でもファンクラブが存在していることに驚きました。
1970年代の曲ばかりですが、彼女自身によるセルフ・ライナーノーツも載っていて、貴重なアルバムだと思っています。
1976年のさだまさし作詞・作曲の「童話作家」がいいと思いました。


■2014年に発売になったアルバムで一番つまらなかったもの

(8)アルベルト・ロペス・パドロン (Alberto Lopez Padron)

フィーリン・ムード・ギター "Feelin Mood Guitar" (オリジナル録音:2000年頃)

Feelin Mood Guitar

キューバの音楽にサルサ以外に"フィーリン"(Feelin)というものがあり、そのアルバムが日本盤で出るということを知ったので5月ごろに買いました。
ジャケットはブルースマンを彷彿させるようで好印象。期待して聞いてみたのですが、期待はずれ。
ギターの生演奏で、録音は2000年頃とのこと。「南京豆売り」も入っていますが、音がしょぼく、買って損をしたような気分です。


2015年も懲りずに、貪欲に音楽を聞いていきたいと思っています。

| | トラックバック (0)

2014.12.31

(2014-12-31) 最近買ったCD

今年のCD買い納めということで、Tower Recordsのオンラインおよび店舗で以下の5枚を買いました。

(1)ハートビーツ (The Heartbeats)

ア・サウザンド・マイルズ・アウェイ "A Thousand Miles Away"(オリジナル発表:1960年)

A Thousand Miles Away

今年の9月にWarner Music Japanから発売になった"Masters Of Pop Best Collction 1000"(第3弾)シリーズの中の1枚で、買いそびれていたものです。これを年内に買っておかないと年が越せそうにないような気がしたので年末ぎりぎりに入手でき、ホッとしています。

ハートビーツはニューヨークを代表するドゥー・ワップグループで、アルバムタイトルにもなっている1曲目の"A Thousand Miles Away"が昔から好きでした。甘いスローバラード満載のアルバムです。

(2)オーティス・クレイ (Otis Clay)

ライヴ!/オーティス・クレイ (紙ジャケット仕様) "LIVE! OTIS CLAY" (オリジナル発表:1978年)

LIVE! OTIS CLAY

年末にこのアルバムが出ることを知って、驚きました。やっと、CD化されたんですから。

このアルバムはLPレコードで持っているのですが、このアルバムでソウルの素晴らしさを教えてもらったような気がします。
素直に名盤のCD化を喜びたいと思います。

(3)アース・ウィンド&ファイアー  (Earth, Wind & Fire)

HOLIDAY (オリジナル発表:2014年)

HOLIDAY

アース・ウィンド&ファイアーの今年出たクリスマスアルバム。

毎年最低1枚はクリスマスアルバムを買っているのですが、今年はこの1枚だけ。
彼らの大ヒット曲"September"の改作"December"や日本の「雪やこんこ」が"Snow"という曲名で歌われていることで話題になりました。私は1曲目の"Joy To The World"が力が入っていて好きです。

(4)ファレル・ウィリアムス  (Pharrell Williams)

G I R L (オリジナル発表:2014年)

G I R L

バスローブ姿の女性3人と男性1人の写真に"GIRL"とだけ書かれているジャケット。前からCDを店頭で見かけるたびに気にはなっていたのですが、積極的に調べたり、聞いてみようという気にはなりませんでした。
ところが、"Music Magazine"1月号で2014年のベスト・アルバムのR&B/ソウル/ブルース部門で1位に選ばれていました。またTower Recordsでもやはり1位ということで、これは買うべきだな、と思ったのです。

このアルバムからのシングルヒット曲という"Happy"は聞き覚えがありました。FMラジオで何度か聞いていたのです。それで、違和感なくこのアルバムを聞くことができました。
ジャケット写真のうち男性がこのアルバムの主人公ファレル・ウィリアムスで、3人の女性はジャケ写用のモデルでは ない普通の女性たちだそうです。

解説によると「女性賛歌」な曲が並んでいるアルバムだとのことで、確かに今時の音ですが、私でも楽しめます。

(5)デニス・ラサール (Denise LaSalle)

ア・レディ・イン・ザ・ストリート "A Lady In The Street" (オリジナル発表:1983年)

A Lady In The Street

このアルバムもLPレコードで持っています。たぶん、私がデニス・ラサールの名を初めて知ったのがこのマラコ(Malaco Records)でのデビューアルバムだったと思います。このたび、めでたく日本発CD化ということで購入。

彼女のアルバムは何枚か買いましたが、たぶんこのアルバムがベストでしょう。
サザン・ソウルありブルースありで、力の入ったアルバムです。

| | トラックバック (0)

2014.12.17

(2014-12-17) 先週買ったCD

先週はAmazonで、ベティ・ライト(Betty Wright)のアルバムを3枚買いました。

(1) マイ・ファースト・タイム・アラウンド "My First Time Around" (オリジナル発表:1968年)

My First Time Around

(2) ハード・トゥ・ストップ "Hard To Stop"(オリジナル発表:1973年)

Hard To Stop

(3) ベティ・ライト:ザ・ムーヴィ "Betty Wright : The Movie"(オリジナル発表:2011年)

The Movie

ベティ・ライトのアルバムを3枚もまとめて買ったきっかけは、NHK-FMの木曜日夜11時から放送されている「ザ・ソウルミュージック」でした。(この番組はRadikoolでほぼ毎週録音して楽しんでいます。)
その番組の12月4日放送分が12月生まれのアーティストということでベティ・ライトの特集でした。

ベティ・ライトといえば、マイアミ・ソウルの女王、代表曲は「クリーン・アップ・ウーマン」"Clean Up Woman"というのが常識で、私もその曲を含む彼女のセカンド・アルバムアイ・ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー " I Love The Way You Love"(オリジナル発表:1972年)は持っていました。
このセカンドアルバムではアルバム1曲目のタイトル曲と「クリーン・アップ・ウーマン」がやはり好きでした。

「クリーン・アップ・ウーマン」とは「清掃係の女性」ですが、ここでは「男をかっさらう女」というイメージのようで、アップテンポの痛快な曲です。当時の彼女は17歳。
まあこのアルバムだけ持っていればとりあえずベティ・ライトはいいかな、と思っていたのですが、先のFM放送でガツンとやられました。それで買ったのが上記の3枚。安かったこともあり、日本盤で買いました。

(1)のデビューアルバムは彼女の14歳の時の作品。(2)のサードアルバムは19歳の時のもの。そして(3)は、57歳のときのもの。
それぞれ味わいがあり、(1)(2)は、とてもティーンエイジャーの歌声とは思えないくらい歌い方がしっかりしているし、(3)もラップを取り入れたりしていい感じです。

気に入った曲といえば、(1)では1曲目の"Girls Can't Do What The Guys Do"とバラードの"Just You"。
(2)ではアルバムのタイトル曲ともなった"It's Hard To Stop"。
「彼はなかなか家にいなく、いつも外(Street)にいる。仕事はしていないし、lazyだ。だけど夜、彼の腕の中にいると彼の愛で私はcrazyになる。気持ちのいいことはやめられない。」という内容。粘っこい曲です。
(3)ではなんといっても1曲目の"Old Song"。
このアルバムについて「ブルース&ソウル・レコーズ」(2012年・No.103)(中河伸俊)では、「あんたら若い子に、おばさんが人生の大切なことを教えてあげる」路線が多く、例えば2曲目は「いつまでもちっちゃな女の子と遊んでいないで、本物の女と付き合わないと、本物の男になれないよ」という内容だ、と書かれています。そういうことを知ったうえで聞き直すと、いいアルバムに思えてきます。


これらのアルバムで年内のCD購入は最後にしようと思っていたのですが、まだ年末にかけてオーティス・クレイの日本でのライブ盤が発売になるようですし、他にも買いそびれていたのがあるので、CD購入は続くことになりそうです。

| | トラックバック (0)

2014.12.04

(2014-12-04) 先日買ったCD

11月30日、吹田万博国際ふれあいマラソンの帰り、難波の中古レコード店を回りました。
目当てにしていたものはどこにもなかったのですが、代わりに以下の2枚のCDをレコードショップナカ2号店で買いました。

(1)ブラインド・ウィリー・マクテル (Blind Willie McTell)

アトランタ・トゥエルヴ・ストリング "Atlanta Twelve String"(オリジナル発表:1972年)

Atlanta Twelve String

2012年10月~2014年8月にかけて1枚1,000円で出た"Atlantic R&B Best Collection 1000"シリーズの中の1枚。
このシリーズのCDは相当買いましたし、またこのシリーズのおかげで今まで知らなかったアーティストのことをいろいろ勉強させてもらいました。

そのシリーズの第2弾として2012年11月に発売になったのがこのブラインド・ウィリー・マクテルの"アトランタ・トゥエルヴ・ストリング"です。

ブラインド・ウィリー・マクテルといえばその名の通り、目が見えないブルースマンで戦前(第2次世界大戦前)に活躍したレジェンドの一人です。なんといっても有名なのが"Statesboro Blues"で、私もその曲は最初はAllman Brothers Bandで知り、その後オリジナルのブラインド・ウィリー・マクテルにたどり着いたという口です。

今回買った"アトランタ・トゥエルヴ・ストリング"は戦後の1949年録音で、音はクリア。中味もブルースというより生ギター1本で行うエンターテナーという感じで、軽く聞くことができます。軽さがいいです。


(2)ホーボーズ・コンサートⅠ&Ⅱ "1974 Hobo's Concerts Ⅰ&Ⅱ"(オリジナル発表:1976年)

1974 Hobo's Concerts Ⅰ&Ⅱ

1974年に東京・池袋の"シアター・グリーン"で行われていた「ホーボーズ・コンサート」を7枚のアナログ盤で1976年に発売されたものを後に1998年にCD化されたものの1枚です。
私はそのアナログ盤やCDも何枚か持っていますが、このⅠ&Ⅱは持っていなかったので今回見つけたときは迷わずに買いました。

収録されているアーティストは、高田渡・中川五郎・なぎらけんいち・朝比奈逸人・林亭・佐藤博・シバ。 大事に聞きたいアルバムです。

1974 Hobo's Concerts Songbook

そしてこの本は、私が持っている「ホーボーズ・コンサート」の楽譜集。

7枚のアルバムの全曲の歌詞・楽譜が載っています。1977年にシンコー・ミュージックから発行されたもので定価は1,000円でした。
年月が流れ茶色くなっていますが、私には大事な宝物です。

| | トラックバック (0)

2014.11.23

(2014-11-23) 今週買ったCD

今週、イオンりんくう泉南のTower Recordsで買ったCDです。

(1)ボブ・ディラン(Bob Dylan)

ザ・ベースメント・テープス・ロウ:ブートレッグ・シリーズ第11集(スタンダード・エディション) "The Bootleg Series Vol.11 The Basement Tapes Raw"

The Basement Tapes Raw

ボブ・ディランのブートレッグ・シリーズもこれで11集目。
今回は、"The Basement Tapes Complete"というCD6枚組のデラックス・エディション(20,000円)と"The Basement Tapes Raw"というCD2枚組のスタンダード・エディション(3,600円)の2種類が発売されましたが、さすがに20,000円も出すのはつらいので、2枚組のスタンダード・エディションを購入しました。

今までに出たボブ・ディランのブートレッグ・シリーズは私はすべて持っていますが、その大半は安い輸入盤でした。今回のものも輸入盤だと2,000円台で売っていますが、日本語解説(対訳)を読みたかったので11月19日の日本語盤の発売日を待って日本語盤を買ったというわけです。

内容は、「すばらしい」の一言につきます。
1975年に出た 「地下室」"Basement Tapes" の音がいかに過剰な化粧をまとっているのかがよくわかりますし、化粧を取っても音とそれを作り出すボブ・ディランとザ・バンドの静かな熱気が伝わってきます。

私はこのCDを、日本語解説(対訳)と 「レコード・コレクターズ」の12月号 と1998年の6月号を見つつ、1975年の「地下室」なども聞きながら1曲ずつ聞いています。
まるで高価なワインを一口ずつゆっくり味わうような気分です。(^^;)

| | トラックバック (0)

2014.11.15

(2014-11-15) 今週買ったCD

今週、Tower Records Onlineで2枚のCDを買いました。

(1)イヴォンヌ・フェア(Yvonne Fair)

ビッチ・イズ・ブラック "The Bitch Is Black"(オリジナル発表:1975年)

The Bitch Is Black

彼女は、ジェームス・ブラウンの"オンナ"だったそうで、1曲目のファンクの迫力が凄い。2曲目のドスのきいたバラードも渋い。
途中、スローなナンバーではだれるところもあるものの、P-Funkっぽい曲があったり、アルバムの終盤にかけてのファンクには圧倒されます。

爽快な気分になれるアルバムです。


(2)アイズレー・ブラザーズ(The Isley Brothers)

ギヴィン・イット・バック(紙ジャケット仕様) "Givin' It Back"(オリジナル発表:1971年)

The Bitch Is Black

ラジオで彼らの歌う"Love The One You're With"を聞いてアルバムの購入を決意。
"Love The One You're With"(邦題:「愛への讃歌」)は、スティヴン・スティルスがオリジナルで、自分が高校生のときにこの曲の入ったアルバムを買って以来、愛聴している曲です。
アレサ・フランクリンのカバーもありますが、アイズレー・ブラザースのほうが私には心地よく聞こえます。

アイズレー・ブラザーズのCDはこれで13枚持っていることになりました。

| | トラックバック (0)

2013.03.09

【CD】 サム・クック 「ツイストで踊りあかそう」

先日より痛めている私の右足の甲ですが、まだまだ違和感があるので、整形外科に行ってきました。
レントゲンを撮りましたが、骨折も疲労骨折も無いので心配ない、との診断でした。 ジョギングもしていい、といわれました。
その日はそれで安心して帰宅したのですが、やはりまだ違和感があります。

もうしばらく、じっとしていたほうがいいのかな、と思っています。 明日(3/10)は、足さえ問題なければ出場することにしていた能登和倉万葉の里マラソンです。明日の大会に出場するみなさんの健闘を祈っています。


話は変わって、最近買ったCDのこと。

サム・クック 「ツイストで踊りあかそう」(オリジナルは1962年発売)

SONY MUSIC JAPANから、ロック名盤100タイトルのうちの1枚として3月6日に発売になりました。
実は去年の今頃にも同じアルバムが紙ジャケで発売され、その時に買いそびれていたものです。今回、ジュエルケース入りで再発されたので、無くならないうちにと買いました。

1986年にLPレコード(日本盤)が出たときに買って以来、私の好きなアルバムのうちの1枚でした。
去年は、トータス松本が全曲カバーしたアルバムを発表し、それも私は買いました。 今回のCDと合わせて、3枚手元にありますので写真に撮ってみました。「RCA」のロゴマークのデザインと位置が違うのがわかります。

Twistin' The Night Away Twistin' The Night Away
  • (1)1986年発売の日本盤LP
  • (2)去年発売のトータス松本のCD
  • (3)今年発売の日本盤CD

このアルバムの1曲目で、アルバムのタイトルにもなっている「Twistin' The Night Away(ツイストで踊りあかそう)」ですが、私の手元にはトータス松本以外に、ロッド・スチュワートめんたんぴんの2つのカバーバージョンがあります。
めんたんぴんのものは、日本語詞ですが、うまく訳されています。

アルバム全体としても、ジャケットのサムの表情と同じように、明るく楽しい感じがします。
春の陽気な気分にもぴったり合うようなアルバムです。

| | トラックバック (0)

2012.02.10

松田聖子の「特別な恋人」がいい!

今夜は、昨日までと違って少し暖かかったので冬の道をジョギングしました。 約10km、1時間18分。

泉州国際市民マラソンまであと約1週間。マラソンコースにあたる道路には交通規制の看板や横断幕がすでに設置されています。そんな光景を見ると走っていても気合いが入ります。
レース前ですので無理をせず、一日おきに走りたいと思っています。



松田聖子「特別な恋人」
  • 松田聖子
  • 特別な恋人
  • オリジナルリリース: 2011年11月23日


さて、最近私が気に入っているのが松田聖子の「特別な恋人」とカップリングの「声だけ聞かせて」。

去年の11月に発売になったシングル曲ですが、今年になって私はiTunes Storeで買いました。2曲で600円でした。
これらの曲は、作詞・作曲・プロデュースが竹内まりやで、まさに「竹内まりや」らしいスローな曲です。
12月に放送されたNHK-TVの「SONGS」でもこの曲を披露していましたが、いい感じでした。
大人のラブソングです。

| | トラックバック (0)

2012.01.27

最近の私のランニングの状況とトム・ウェイツの"Bad As Me"

●レース結果

  • 1月15日(日) わかやま新春マラソン 5km 25分29秒

●ランニング練習

  • 1月17日(火) ジムのトレッドミルで5km
  • 1月22日(日) 我が家から熊野古道(紀州街道)経由でJR和泉鳥取駅まで往復(約16km) 2時間12分
  • 1月24日(火) ジムのトレッドミルで5km
  • 1月27日(金) ジムのトレッドミルで5km

以上がここ2週間ほどの私のランニングの状況。

来週は仕事優先のため、たぶん走る時間はとれないかもしれません。
こんな状態で、2月19日の泉州国際マラソンでフルを走れるんだろうか?いささか不安。



Bad As Me
  • トム・ウェイツ Tom Waits
  • Bad As Me
  • オリジナルリリース: 2011年


代わって、今年になってから買った唯一のCDが、トム・ウェイツの"Bad As Me"。

トム・ウェイツのアルバムは1stと2ndしか持っていなかったので、ずいぶん久しぶりに彼のアルバムを買ったことになります。
きっかけはラジオで聞いた"New Year's Eve"という曲が気に入ったこと。
その曲はアルバムの最後に入っています。おおみそかの都会のナイトクラブの様子を歌った曲だそうです。

久々に聞くトム・ウェイツの声が私にはスクリーミン・ジェイ・ホーキンス Screamin' Jay Hawkins のように思え、聞き込むほどに味のあるアルバムだと思うようになりました。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧