切手

2006.07.29

ビールの切手

フィリピンのビール切手

暑い夏、やはり冷えたビールが恋しい。

ジョッキが並ぶこの切手は、フィリピンで発行されたものです。

  • フィリピンでの「ビール製造100年」記念
  • 1990年4月発行

| | トラックバック (0)

2006.07.16

W杯の切手 --- 優勝トロフィー

  • ワールドカップ・トロフィーツアー 5種シート
  • 発行国 シンガポール
  • 発行日 2006年3月3日

シンガポールの小型シート

1週間前に終わったW杯ですが、私は録画しておいた決勝戦を今日やっと見ることができました。

決勝戦といえば、ジダンの頭突き事件という演出のないドラマがありましたが、演出部分も十分に見ごたえがありました。すなわち、試合開始前とハーフタイムのコンサートのことです。決勝戦を華やかに演出する歌やダンスが見事だったと思います。

もちろん、試合内容のほうがもっと面白く、イタリアが最後PK戦で勝って優勝、という結果はわかっていますが、それでも試合の中味に魅かれました。

ハーフタイムの、オペラ歌手+コーラスによる盛大な曲のあとに、"Carnaval de Paris"がスタジアムに流れる中、選手たちがピッチにあらわれる瞬間は見ていて震えがきました。

結局、90分で決着がつかず延長戦に入ることになりましたが、その休止中には、"Que Sera Sera"が流れていました。それは、あまり熱くならないようにという、メッセージのようにも聞こえました。

さて、表彰式で、アズーリ(イタリア代表の愛称)の手に渡った優勝トロフィーを描いたのが、シンガポールから発行された切手シートです。

このシートの最下部の5行目を拡大したのが、下の図です。

シンガポールの小型シートの一部

このうち、切手は、左の列の1$と書かれている部分だけで、残りの2枚はシールです。すなわち、切手としては使うことはできません。

今年の冬に、FIFA WORLD CUP TROPHY TOUR として、アジア各国をこの優勝トロフィーが回ったことを記念して、シンガポールで発行されたものです。
(このツアーのスポンサーはコカコーラ)

ちなみに日本は、2月25日に回ってきて、私もテレビの「スーパーサッカー」で見ました。
そのときの写真は、hirokunさんのStadium Of Dreamsというサイトで紹介されています。


さて、今回のW杯ですが、私は全64試合をビデオに録画しました。(厳密には、オーストラリアvsクロアチアの試合の後半20分は裏番組を録ったため録画していない。)
他に、デイリーハイライトやウイークリーハイライト・総集編なども可能な限り録りました。

そのうち、今日までで見たのは20試合だけです。

これから、何日いや何か月かかるかわかりませんが、ぼちぼち見ていきたいと思っています。


◎past entries(過去記事)

W杯の切手

| | トラックバック (0)

2006.07.06

W杯の切手 --- ブラジル

  • ワールドカップ・サッカー2006
  • 発行国 ブラジル
  • 発行日 2006年4月19日

ブラジル
 ブラジル発行のW杯切手

ブラジル発行のW杯切手です。
図案は、2006ドイツ大会の公式ロゴです。

さて、今回のW杯で、私の優勝予想国はチェコでした。ところが1次リーグでチェコは姿を消してしまったので、その後はアルゼンチンが優勝すると予想していました。
その予想もはずれたので、次はデコやクリスチアーノ・ロナウド、フィーゴのいるポルトガルが優勝かな、と思っていたのに準決勝でフランスに敗けてしまいました。

全く、私の優勝予想ははずれっぱなし。

決勝は、イタリアとフランスで行われますが、この2か国ならイタリアが勝つだろうと思うのですが、さてどうなることか。

クレバーなピルロと野性的なガットゥーゾの活躍に期待します。

| | トラックバック (0)

2006.06.30

W杯の切手 --- イギリス

イギリス発行のW杯切手です。

  • ワールドカップ・サッカー2006/過去の優勝国 6種
  • 発行国 イギリス
  • 発行日 2006年6月6日

W杯の過去の優勝国のうち、今大会に出場できないウルグアイ以外の6か国が図案です。
この6か国ともベスト8に今回は進んだのですから、日本時間で今夜から始まる準々決勝も見ごたえがありそうです。

そこで、この6種類の切手を使って、今大会の準々決勝の組み合わせを作ってみました。

ドイツ
  ドイツ
 vs  アルゼンチン
  アルゼンチン
イタリア
  イタリア
 vs 
  ウクライナ
イングランド
  イングランド
 vs 
  ポルトガル
ブラジル
  ブラジル
 vs  フランス
  フランス

切手には、国旗と優勝した年が表示されています。
イングランドとフランスは1回、アルゼンチンが2回、ドイツとイタリアが3回、ブラジルが5回優勝していることがこれでわかります。

今回のW杯では、私はチェコが優勝し、アフリカのどこかの国が上位に来ると予想(期待)していたのですが、みごとに私の予想ははずれてしまいました。

そうなると、私としてはアルゼンチンが優勝するのかな、と思っています。

| | トラックバック (0)

2006.06.29

W杯の切手 --- フランス

フランスから出されたW杯の切手です。

  • ワールドカップ・サッカー2006・10面シート
  • 発行国 フランス
  • 発行日 2006年5月29日

フランスの10面シート

円形の切手が5枚、四角の切手が5枚、計10枚の切手からなるW杯開催記念のシートです。

フランスは、予選リーグでは、最初2試合とも引き分けで、ひょっとしたらこのまま予選リーグで姿を消すかと思っていましたが、トーゴに勝って決勝トーナメントに進みました。

そして決勝トーナメント1回戦のスペイン戦で見せたジダンのパフォーマンスのすごさに感動しました。
今回のフランスチームは、平均年齢が結構高そうですが、それでもベスト8入りですから、このことにも感動。

準々決勝でのブラジルとの戦いが楽しみです。

| | トラックバック (0)

2006.06.27

W杯の切手 --- ドイツ

先日、大阪へ出かけたときに買ってきたW杯の切手です。

  • スポーツ振興/ワールドカップ・サッカー2006小型シート
  • 発行国 ドイツ
  • 発行日 2006年5月4日

ドイツの小型シート

開催国ドイツ発行の小型シート。シート下部には、出場32か国の国旗が描かれています。
切手は4種類収められています。

そのうちの1枚を拡大したのが、下の切手です。

スタンドのサポーターが国旗を振っている図案ですが、ドイツはまさかのベスト8進出ですから、この切手に描かれているのと同じ風景がテレビでも見れました。

ドイツの小型シートの一部

私の予想では、準々決勝のドイツ vs アルゼンチンは、アルゼンチンの勝ちだと思うのですが。

| | トラックバック (1)